名刺印刷の【プリスタ。】 トップページ > データを作る際の注意点(Photoshop)

各ソフト別のデータ作成時の注意点をまとめました。お使いのソフトをお選び下さい。

Photoshopで名刺データを作る際の注意点

まずは入稿用テンプレートのダウンロードをお願いいたします
テンプレートにデータを配置頂いた状態で以下の項目を
チェックいただくようにお願いいたします

ダウンロードはコチラ

塗り足しについて

塗り足しと余白は裁断がずれた時に対応するために設定します。PhotoshopEPSで入稿する場合、仕上がりサイズよりも四辺それぞれ3mmずつ大きく制作して下さい。例えば210mm×297mmのA4仕上がりサイズの場合216mm×303mmで制作します。

塗りたしが設定されていない状態
背景の白地を出さないために塗り足しを設定します。左図のように塗り足しが設定されていない場合、点線で断裁すると右図のように白地が出てしまいます。トリムマークは点線で断裁することを示すものです。

塗りたしが設定された状態 上図のような事を避けるため塗り足しを設定します。点線は断裁される線を表したものです。上下左右四辺に3mmずつの塗り足しを設定すると、断裁がずれた時も背景の白地が出ません。塗り足しは断裁のラインが外側にずれた時に対応するものです。

文字位置について

余白の設定
塗り足しの時と同様に、内側に余白を作ります。文字列、ロゴなど中途半端に切れてしまっては困るオブジェクトを断裁のラインよりも3mm以上内側に配置します。余白は断裁のラインが内側にずれた時に対応するものです。

実際にトリムマークで断裁位置を指定した状態
塗り足し、余白共に設定し、断裁位置はトリムマークで指定されています。仕上がりサイズはお申し込みしたサイズに設定してください。(通常はトリムマークを作ってから制作を始めます。)

隠すとロック機能

隠されていたりロックされている部分は印刷されない場合があります。
印刷したいレイヤーにはロックをかけず、隠さずにご入稿をお願いします。

下の画像は「あいうえお」と書かれたレイヤーがロックされて隠されています。
この状態では印刷されませんのでご注意ください

次はオブジェクトの[ 隠す機能 ]です。[ オブジェクト ]→[ 隠す ]から使用できます。[ オブジェクト ]→[ 全てを表示 ]で解除します。解除を忘れやすいので基本的に使用しないことをお勧めします。

テキストのラスタライズ

テキストを打ち込むとレイヤーに「T」と書かれています。
この状態では、他のPCでデータを開いた際にフォントが強制的に変更されます。

どのPCでも同じフォントの状態で見るには
「テキストのラスタライズ」と呼ばれる処理が必要になります。
対象のレイヤーの上で右クリックして
「テキストをラスタライズ」と書かれた項目をクリック

「T」と書かれていなければ、テキストのラスタライズ完了
これで、どのPCでも同じ状態で文字が見れます。

カラーモードと解像度

解像度は印刷物の解像度(300dpi以上)を必ず指定してください。 イラストレータの場合、ファイル→ドキュメント設定→プリセットが[高解像度]になっているか確認 フォトショップの場合、イメージ→画像解像度→解像度が300dpi以上になっているか確認して下さい。
データのカラーモードは必ずCMYKで指定してください。RGBデータで作成されますと色味がかなり変わります。 イラストレータの場合、ファイル→ドキュメントのカラーモードがCMYKになっているか確認 フォトショップの場合、イメージ→モードがCMYKになっているか確認して下さい。

PhotoshopElementsをご使用の場合
PhotoshopElementsは使用制限付きのため[ RGBカラー ]しか使用できないようです。RGBモードで制作すると印刷する時に色味がかなり変わります。多くの場合くすんだ状態になります。弊社で変換することも可 能ですが、備考欄にその旨を記載とともに色味の変化をご了承下さい。

線の太さ・濃さ

線の太さは0.25pt以上で指定してください。色はなるべく濃い色を指定してください。 細すぎたり、薄すぎたりすると上手く印刷されない可能性がございます。

特色CMYK変換

データ内の色を特色で指定されている場合は、すべてCMYKに変換での印刷になります。
その場合色味が若干変わります。データ作成時にお客様にてCMYK変換して確認してください。
イラストレータの場合、ウィンドウ→カラーの右上のCMYKのボタンをクリックで変換して下さい。

スミベタとリッチブラック

リッチブラックとはK100%以外にCMYの色を指定して深みのある黒が表現できます。
スミベタK100%とリッチブラックC50%M40%Y30%K100%はモニターの見た目ではどちらも黒に見えますが、リッチブラックはK以外の色も指定してありますのでカラー扱いとなります。
4C1Cの入稿データの裏面にリッチブラックが指定されていないか等ご確認ください。
またリッチブラックで指定される場合、CMYKの総量が250以下になるようにしてください。
リッチブラックは乾きにくいので納期が伸びる可能性がございます。

トリムマーク(トンボ)について

Photoshopでトリムマークをつけるのは少し手間です。
弊社の入稿用テンプレートをご利用いただければ、始めからトリムマーク(トンボ)がついていますのでぜひご利用くださ。

ファイル名と拡張子は必ず半角英数字にする

ファイル名は必ず半角英数字で指定してください。まれに文字化けする場合がございます。
また拡張子も必ず付いているか確認してください。

注文サイズと作成データのサイズ

注文サイズ(入稿時の指定サイズ)と作成データのサイズは必ず同じサイズで作成してください。
注文サイズがA6で作成データがA4の場合、一切サイズの変換等は行っておりません。

保存バージョン

イラストレータのデータは下位のバージョンで保存しないでください。 まれにエラー(画像が回転している・表示されていない・消えている)等発生する可能性がございます。 弊社ではCS5まで対応していますので、作成されたバージョンのまま保存してください。

天地

表面と裏面がタテとヨコで作成されている場合、天地の向きをデータの中に記載しておいてください。 記載が無ければ弊社の判断で印刷いたします。

ズレ

断裁時、機械のズレが1~2mm発生する場合がございます。
本来、緑のラインが断裁ラインですが紙の収縮、機械の遊び分のズレにより図の星の位置で断裁となることもございます。

その場合このようなデザインをされていると、仕上り時にとても目立ちます。
例)上下左右対称なデザイン・枠で囲むようなデザイン・断裁位置ギリギリに文字、写真データがある。

下記のようなデザインの場合、断裁時のズレにより文字や画像が切れてします場合が在りますのでご了承下さい。
文字等の配置は内トンボより2mm~3mm程度内側に配置下さいますようお願いいたします。

ベタ塗り・グラデーション

ベタ塗り、グラデーション等を使用されますと色ムラがでる場合がございます。
色ムラに関しましては保証いたしかねますので予めご了承下さい。

ベタ塗りの場合、用紙によってはバリでる場合もございます。

特に、グラデーションを使用され最小値が0%の場合などは1%前後の位置で急激に色が変化する場合がございます。
※グラデーションの色が薄かったり、変化の差があまり無い場合は上手く印字されない可能性がございます。

配色について

黒の上にグレーを乗せる等の場合は15%以上色の差をつけてご入稿くださいませ。
色の差が少ない場合は画面上は色が違っていても、印刷すると濃い色と同化します。

弊社テンプレートについて

多少の断裁ズレが出ますので切れては困る文字等は
①の青いラインより内側に配置して下さい。
②の赤いラインが断裁ライン(実際の仕上りの位置)となります。
②の断裁ラインまで背景などがある場合は必ず③の緑のラインまで塗り足しをお願いします。
塗り足しが無い場合用紙の下地が出て仕上がる場合がございます。→テンプレート一覧

名刺のご注文は以下のボタンより

もし、できない場合は・・・
お問い合わせいただきましたら原因を調査いたします。
名刺でお急ぎの場合はデザインを選ぶだけで名刺をかんたんに作成するサービスを用意していますのでご利用ください。

※原因を特定するのにお日にちをいただく可能性がございます。

デザインを選ぶだけで名刺をかんたんに作成

600種のデザインの中から選びweb上で自由にデザインを作成できるご注文方法です。
ソフトは必要無く、データ入稿もJPEG入稿も必要なくご注文後もweb上で編集ができるので手間が大幅に省けます。
写真もロゴも配置できます!ご検討の程よろしくお願いいたします。