名刺印刷の【プリスタ。】 トップページ > データを作る際の注意点(Word)

各ソフト別のデータ作成時の注意点をまとめました。お使いのソフトをお選び下さい。

Wordで名刺データを作る際の注意点

まずは入稿用テンプレートのダウンロードをお願いいたします
テンプレートにデータを配置頂いた状態で以下の項目を
チェックいただくようにお願いいたします

ダウンロードはコチラ

【 重要なお知らせ 】
Officeで作成したデータでの入稿の際に必要なデザインカンプのデータは弊社指定の方法にて作成していただきました高解像度のJPEGデータのみの対応となります。
※デザインカンプ(JPEG)を再現しての印刷となるため、印刷前のサンプル送付は廃止となりますのでレイアウトなどに問題がないか確認してから入稿して下さい。

STEP1 テキストの入力について

文字(テキスト)の入力についてテンプレートのガイド内に文字や切れては困るものの配置をお願いします。
※ガイドを動かさないようにご注意くださいませ

【テキスト】※バージョン2003・2010

①フォントのカラー・サイズ変更

1.フォントを入力後、打ち込んだテキストを選択 → タブの【ホーム】からフォント・文字のサイズを変更
 文字のカラーや配列や配置も希望に合わせて編集が可能です。

この配置がよく頂いてる形です。
このようにガイド内にテキストボックスを作れば文字も切れずに安全です。

STEP2 画像やロゴの配置について

写真や会社のロゴマーク等を配置方法について
元々の画像が粗いものであれば、印刷しても粗くなります。
出来る限り解像度の高い綺麗な画像のご使用をお願いいたします。

【ロゴ・画像配置】

STEP3 塗り足しについて

塗り足しの説明と処理方法について紙の端まで塗りや画像がある場合はこの処理をお願いいたします。

【塗り足し】

塗足しが足りていないと、データ不備によりご連絡の上、
再度ご入稿をお願いいたします。

1.タブの【挿入】より → 【図形】を選択→背景作成用の四角い枠を選択

2. 四角の図形を選択後、画面上にカーソルが表示されます。
十字にマークが変わった後に左クリックで
トリムマーク左上角から右下角の端までドラッグします。
上下左右の端まで背景用の枠を作成します。

3. 枠が完成したら枠内の色を設定・編集します。
→これで塗りたしの作成完了です。
※画像や写真を使用する場合も同様にトリムマーク部分までデータを拡げて設定してください。

STEP4 フォントの埋め込み

他のPCでデータを開いた際に文字(フォント)が変わらないようにする処理です。
フォントによっては埋め込みができないフォントもありますので、ご注意ください。

【フォントの埋め込み】
Word 2003の場合

Word 2010の場合

Word 2007の場合

1.左上『Office』メニューを選択 →【Wordのオプション】をクリック。

 ※以下はWord 2010と同様の手順になります。

2.【ファイル】タブをクリックし、【オプション】をクリックします。

3. 【オプション】パネルの【保存】タブを選択

(次の文書を共有するときに再現性を保つ)内

ファイルにフォントを埋め込む】にチェックを入れて【OK】を選択で完了。

テキストの位置、ロゴや画像の配置、塗足し、フォントの埋め込みのチェックが完了すれば、
データをわかりやすいところに一旦保存してください。

(ファイル名に&や%等の記号を入れないでください)

次が最後の行程、「JPEGファイルの書き出し方」です。

名刺のご注文は以下のボタンより

もし、できない場合は・・・
お問い合わせいただきましたら原因を調査いたします。
名刺でお急ぎの場合はデザインを選ぶだけで名刺をかんたんに作成するサービスを用意していますのでご利用ください。

※原因を特定するのにお日にちをいただく可能性がございます。

デザインを選ぶだけで名刺をかんたんに作成

600種のデザインの中から選びweb上で自由にデザインを作成できるご注文方法です。
ソフトは必要無く、データ入稿もJPEG入稿も必要なくご注文後もweb上で編集ができるので手間が大幅に省けます。
写真もロゴも配置できます!ご検討の程よろしくお願いいたします。